インフルエンザに感染した場合の食生活について

インフルエンザに感染した時には、高熱がでることが多く、いつも通りの食欲で十分に食事をとれる人は少ないでしょう。
しかし、インフルエンザを治すためには、少しずつでも食事をして栄養をとることが重要です。

インフルエンザに感染して間もない頃は、まだ体力が消耗しておらず、今後の闘病生活に備えて食べられるものはなるべく食べておきたい時期です。
食欲がなければ無理に食べることはありませんが、できれば食べやすいもので消化の良いものを食べておきましょう。
うどんやおかゆは、病気の時でも食べやすいもののひとつです。
また、果物類もビタミンが豊富に含まれているので、病気の回復に役立ちます。

次に、インフルエンザで高熱などの症状が続いて、体力が消耗している時期には、固形物を食べるのが辛いという人も多いでしょう。
そういった時にも、水分だけはしっかりととるようにしましょう。
全く固形物が食べられない時には、水分はただの水よりもスポーツ飲料などでとるようにすると、少しは栄養が補えます。
また、ゼリー飲料のようなものも、噛まずに飲めるので、何も食べられない時にはおすすめです。
また食べる時間も気にせずに、食べられる時に食べるようにしましょう。

インフルエンザの症状が落ち着いて、食欲が戻ってきた頃には、少しずつ栄養のあるものを食べましょう。
一気にいつもの食事に戻してしまうと、弱っている消化器に負担になるので、少しずつ進めていくことが重要です。
全く固形物がとれていなかった人は、おかゆやゼリーなど消化の良いものから始め、徐々に普通の内容に戻します。

インフルエンザに感染している時には、吐き気がでることもあります。
そのような時には、無理して食べる必要はありません。
しかし、水分だけは必ずとるようにしましょう。
嘔吐や発熱による発汗で失われる水分量も多いので、普段よりも多めにとってもいいくらいです。
身体を起こすことが辛い場合には、ゼリー状のものであれば、横になったままでも飲むことができます。

インフルエンザに感染した時に食べてはいけないもの

インフルエンザに感染した時には、食べることを避けたほうが良いものもあります。
代表的なものは揚げ物です。
揚げ物は、大量の油で揚げてあり、油脂類を多く含んでいます。
この油脂類は消化するのに、とても時間がかかり、さらには胃腸にとって刺激が強い食べ物です。
油脂類を消化するためには、消化酵素をたくさん使わなくてはいけません。
これが、インフルエンザで弱った胃腸には大きな負担となります。
普段は揚げ物が好きで、胃腸が強い人でも、インフルエンザに感染している時には避けたほうが良いでしょう。

また、香辛料などがたくさん入っているものも控えたほうが良い食べ物です。
コショウやトウガラシは、健康な時には美味しく感じられても胃腸が弱っている時には、強過ぎる刺激になってしまいます。
他にも、冷た過ぎる飲み物を一気に飲んだりすることも、胃腸の負担になります。
熱が高いと、つい冷たいものばかりを摂りたくなってしまうかもしれませんが、もし飲みたくなった時には、冷やし過ぎないようにして、一気に飲まないようにしましょう。

その他にも、甘みの強過ぎるものもさけたほうが良いでしょう。
特に洋菓子などには、バターや生クリームなどの油分が多いものが入っています。
そういったものは、胃酸の分泌を盛んにし、弱った胃腸にとって負担になります。
もし甘いものがほしくなった時には、フルーツを食べる、ヨーグルトに砂糖を入れて食べるなどの方法にしたほうが良いです。

また、どんな食べ物でも、良く噛まずに食べることはいけません。
食べるスピードはゆっくりにして、良く噛んで食べるようにしましょう。
一度に食べきれない時には、無理をせず何度かに分けて食べるようにする工夫も必要です。