インフルエンザに感染中の入浴はNG?

インフルエンザに感染すると、高熱が出るなど症状によって動くことが辛くなってしまうことがあります。
高熱によって汗をかいたり、悪寒や寒気が起こるので、お風呂で温まりたいと感じるかもしれませんが、入浴はすすめられないことが多いです。
インフルエンザに感染すると、とても速いスピードで体調不良になることが多く、発熱がある場合は体力がとても低下しています。
これは、体がインフルエンザに負けないように戦っているためです。

そして、お風呂は体を温めますが同時に体力を奪う行動でもあります。
体力が低下してる最中にお風呂に入ることでさらに体力を奪い、インフルエンザが長引く可能性があるのです。
インフルエンザに感染しても、熱が下がっている場合、体調によっては入浴が可能になります。
熱が37℃台までさがっていて、元気がある場合は入浴が可能です。
しかし、熱が下がっていても体調が悪いようであれば、無理をせず体力が回復してから入浴を再開した方が安心といえます。
入浴ができるようになるまでは、暖かい濡れタオルで体を拭く程度でもさっぱりすることができます。
個人差があり、はっきりと「この日からお風呂に入れます」とは言えませんが、熱が下がってから2日間は体力回復のために入浴をせずに、大人しくしていた方が良いです。

インフルエンザの種類によっては発熱がなかったり、微熱のままということもあります。
体調が優れない場合は、入浴は避けた方が良いです。
お風呂に入る場合は、体力のことを考えてシャワーなど短時間で済ませます。
また、体が冷えないように浴室や脱衣所を温めたり、早めに髪を乾かすことも必要です。
汗で水分が流れ出てしまうことを考えて水分補給や、体が温かいうちに布団に入って休むなど体に負担をかけないようにします。
インフルエンザで高熱になるとお風呂のことを考えられないほど辛く感じることがあります。
どうしてもお風呂に入る場合も入った後のことを考えて行動することが必要です。

インフルエンザ感染者の入浴は同居人に感染の可能性

一般的にインフルエンザは狭い空間で移ると言われています。
家の中で狭い空間といえばお風呂です。
インフルエンザの感染者がお風呂に入ることで、同居人に感染が広がるのかというと、それはほとんどないとされています。
インフルエンザは高温多湿の場所では感染は広がることがないのです。
特に湿度50%以上の場所では、インフルエンザの感染力は弱くなることがほとんどで、それに対しお風呂の湿度は80%以上となっています。
こういった環境があるので、浴室で移ることはほとんどないと考えていいです。
シャワーヘッド等で感染する可能性もほとんどないと考えられます。

また、小さな子どもと親など、インフルエンザに感染した人としていない人が一緒にお風呂に入らなけらばならないこともあります。
この場合も湿度が高いという浴室の環境があるので移ることはないとされています。
しかし、感染しない可能性がゼロではないのです。
お風呂で高温多湿になりにくところがあります。
それは脱衣所です。
リビングなどと比べて湿度は高いのですが、室温が低かったり、取っ手やドアノブに触ったりすることで感染してしまう恐れがあります。

さらに、お風呂に必要な物であるタオルも感染の原因となることがあるのです。
インフルエンザに感染した人が使ったタオルを、次にお風呂に入る人が使っているというやり方だと、タオルに触れたことで感染する恐れがあります。
このように、入浴によって同居人にインフルエンザが広がる可能性はほとんどありませんが、浴室以外では感染する可能があります。
感染を防ぐには、手で触れる場所を消毒したり、タオルを共同で使用しないなど、間接的に感染者と触れないようにすることが必要です。