インフルエンザの感染ルートの紹介

インフルエンザの感染ルートには種類があるので、それぞれに対策を行う必要があります。
主な感染ルートは飛沫感染と接触感染ですが、空気感染もあるといわれています。
家族が一人でも感染すると、狭い家の中ではあっというまに移してしまうので、インフルエンザが流行する寒い季節が近づいたら、気を付けて生活するようにしましょう。

感染ルートの種類のひとつである飛沫感染は、インフルエンザに感染した人が咳やくしゃみをしたときに、その飛沫が周りに飛散し、そこにいた人が鼻や口から吸い込んだときに起こります。
吸いこんだ人の粘膜に飛沫が接触することによって感染します。
人混みを歩く人に多い感染ルートなので、外出時には十分な対策が必要です。

接触感染は、感染している人の皮膚や粘膜、傷などの部分に直接的な接触をしたり、間接的な接触を行ったときに感染するルートを指します。
インフルエンザに感染している人の汗や涙などの体液や、傷を負っている箇所に触れると感染することがあります。
またドアノブや衣服など原因菌が付着していた場合、それに接触した手で口や鼻に触れたり、原因菌がついた食べ物を口にすることでも感染するので注意が必要です。

空気感染というのは、飛沫の水分が蒸発して乾燥し、さらに小さな粒子となって空気中を漂い、たまたま付近にいた人がこれを吸い込むことに
よって感染するルートのことです。
飛沫核は空気中に長く浮遊するため、対策したいときは、寒いからという理由で常に窓を閉め切るのではなく、定期的に換気を行うようにしてください。

ただし空気感染については、インフルエンザの原因菌が空気中に長く漂い、それを吸い込んで感染するようなことについての積極的な証拠は見つかっていません。
ゆえにあまり気にする必要はないのでインフルエンザを予防したいときは、飛沫や接触による感染を対策するようにしてください。
マスクを着けるなどの簡単な方法で対策できるので、家族全員で行うようにしましょう。

外出時のインフルエンザ感染を防ぐならまずマスク

外出時のインフルエンザ感染を防ぎたいときに必要なのはマスクなので、持っていない方はドラッグストアやスーパーで購入するようにしてください。
マスクには咳やくしゃみで出る唾や、鼻水などの飛散を防ぐ効果があるので、周囲への感染を防げます。
寒い冬に人混みで咳やくしゃみをしたり、鼻水が止まらない状態でいると、周囲の人から変な目で見られるので、風邪気味の人は必ず着けるようにしましょう。

またマスクを着けていると、インフルエンザの原因菌の侵入を予防できるので、人混みを安心して歩くことが出来ます。
菌のサイズは目に見えないほど微小なので、空気中に浮遊物が漂っていても気づくことはありません。
知らないうちに吸い込んでいる可能性がありますが、マスクを着けていれば、吸って体内への侵入を予防できます。

マスクには喉にうるおいを与える効果もあるので、空気が乾燥しやすい季節には重宝します。
風邪やインフルエンザの原因菌は乾燥している環境に好んで生息しますから、マスクで鼻や口の湿度を高めれば、増殖を抑えることが出来ます。

何気なく、洗っていない手で鼻や口を触ってしまうことがありますが、接触感染していた場合は、それが原因でインフルエンザを発症することがあるので注意が必要です。
マスクを着けていれば、それを外さない限りは直接鼻や口に触れないので、接触感染のリスクを減らすことが出来ます。

外出時のインフルエンザ感染を防ぐなら、まずはマスクを用意することが大切です。
最初のうちは息苦しく感じるかも知れませんがすぐに慣れますし、今は息がしやすいタイプも出ているので、お店やインターネット通販で探すようにしてください。
家族全員分を大量に購入したい場合は、まとめ買いで安くなるお店を選びましょう。