タミフルはインフルエンザ予防にも使用可能

インフルエンザは主に冬に流行しやすい感染症です。
高熱、節々の痛み、下痢などの症状を引き起こします。
そのインフルエンザの治療薬としてタミフルがよく使用されます。
タミフルは治療目的で使用されることがほとんどですが、実はインフルエンザ感染を予防する効果もある薬で、予防目的でタミフルを使用することがあります。

タミフルがなぜインフルエンザ感染を予防する効果があるのかというと、インフルエンザの増殖、感染拡大を抑制する薬であるためです。
タミフルの有効成分であるオセルタミビルはインフルエンザの微生物表面に存在するノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害する薬です。
インフルエンザは自分の力で増殖する機能を持ち合わせておらず、人間の細胞に感染してその細胞の機能を借りて増殖します。
増殖後は細胞から抜け出し、また新たな細胞に感染し増殖していきます。

ノイラミニダーゼはインフルエンザが人間の細胞から抜け出す脱殻という過程に欠かすことのできない酵素です。
つまり、このノイラミニダーゼの機能を阻害する作用のあるタミフルはインフルエンザの更なる増殖、感染拡大を防ぐことができるのです。

例えば、インフルエンザにまだ感染していない方がインフルエンザの予防のためにタミフルを前もって服用していたとします。
その方の体内にインフルエンザが侵入し、細胞に感染したとしても、その細胞から抜け出すことができないため、増殖、感染拡大が起こることはなく、いずれ免疫機能が働くことによって体内から消失します。
こういったメカニズムでタミフルはインフルエンザの予防にも効果を示すのです。

ただし、インフルエンザ感染に対する予防効果はタミフルを服用している期間に限られます。
タミフルの服用を中止して以降はインフルエンザに感染する可能性があります。
もし長期的にインフルエンザ感染の予防効果を得たいのであればタミフルの服用よりもワクチン接種の方が推奨されます。

インフルエンザ予防に使うタミフルの服用方法

インフルエンザ感染の予防目的でタミフルを服用する場合には、治療目的でタミフルを服用する場合とは用法用量が異なります。

通常のインフルエンザの治療目的の使用の場合は、年齢、体重に応じて決定した一回量を1日2回経口投与することとされています。
これは成人の場合でも小児の場合でも共通です。

しかし、インフルエンザ感染の予防に用いる場合には服用回数は1日1回となります。
成人の場合は、治療目的に使用する場合と同じ一回量を1日1回だけ服用し、7日から10日間連続して服用します。
一方、小児の場合も、治療目的に使用する場合と同じ一回量を1日1回だけ服用します。
しかし、小児の場合は10日間連続して服用することとされています。

また、感染予防効果は既に感染している方と接触した後で開始しても発揮されます。
ただし、その既に感染している方と接触してから48時間以内にタミフルの服用を開始しなければ感染予防効果は発揮されません。

それはインフルエンザの増殖スピードが関係しています。
感染してから増殖し体内の微生物量が最高値に達するまでに、約48時間かかります。
つまり、感染してから48時間以上経過している場合には、既に微生物の個体数がピークに達していて、タミフルで増殖するのを抑制しても既に予防効果が得られない状況に陥ってしまっているのです。
こういった理由から、既に感染している方と接触してから48時間以内にタミフルの使用を開始することとされているのです。

また、タミフルを連続使用している場合にのみ感染予防効果が発揮されます。
例えば、服用し忘れたり薬の節約のために1日服用を飛ばして服用している場合には感染予防効果は確実には得られません。
必ず連続服用するようにしましょう。